製品情報

ユニット式危険物庫「鐘馗くん」のラインナップ

少量危険物庫引戸タイプ FPIHシリーズ屋内型

FPI-H1型・FPI-H2型

指定数量の倍数1/5倍以上1倍未満

  • FPI-H1型
  • FPI-H2型
  • FPI-H1型の製品画像
  • FPI-H1型の製品画像
  • FPI-H1型の製品画像
  • FPI-H1型の製品画像
  • FPI-H2型の製品画像
  • FPI-H2型の製品画像
  • FPI-H2型の製品画像
  • FPI-H2型の製品画像
  • FPI-H2型の製品画像

商品説明

指定数量の倍数1/5倍以上1倍未満対応

既存の施設内(クリーンルーム・研究所・工場等)に設置可能。危険物の分散対策の必需品。

火災予防条例適合タイプ

ノックダウン式(組立式)屋内専用の少量危険物庫で、特殊引火物、アルコール類、第一石油類、第二石油類の貯蔵が多い。

1坪、2坪の2タイプがあり、それぞれ危険物を貯蔵・取り扱う際に使用する容器(ガロン瓶、ペール缶、一斗缶、携行缶、灯油缶等)により選ばれる傾向がある。

FPID型につきましては、現地確認必須となります。(弊社から現場確認へお伺いいたします。)現場確認後の最終図面作成、正式お見積りとなります。

設置条件

  1. 設置できる建築物は防火区画内に限られます。(※同一建物内に複数棟設置の場合)
  2. 搬入の際入口は、最低高さが2,050mm、巾が750mm必要です。
  3. 屋外へのダクト工事が必要となります。
    ※基本的に屋外へのダクト工事に関しましては、お客様の方でお願いしております。壁貫通部まで弊社で施工をお受けする場合がございますが、複雑な配管の場合、お受け出来かねます。一度、ご相談下さい。
  • 防火区画=防火のために、防火壁、耐火構造の床・壁などにより、一定面積ごとに施した区画の事
  • 主要構造部を耐火構造とした建築物、準耐火建築物
  • 区画面積/床面積1,500㎡未満
  • 本体仕様
  • 参考図面
    FPI-H1型
  • 参考図面
    FPI-H2型
  • 設備写真
  • 鋼製棚
タイプ 1坪 2坪
規格・品番 FPI-H1型 FPI-H2型
構造 軽量鉄骨造(カラー角パイプ、主要部t=1.6mm)
建築面積(壁芯) 1800×1750:3.15㎡ 3550×1750:6.21㎡
サイズ(外寸) H2400×1850×1800 H2400×3600×1800
自重 0.7トン 1.3トン
耐荷重 300kg/㎡
屋根 けい酸カルシウム板(t=6mm 不燃番号 NM-2710)
カラー鉄板(t=0.27mm 不燃番号NM-8697)両面貼り複合板
外壁 けい酸カルシウム板(t=6mm 不燃番号 NM-2710)
カラー鉄板(t=0.27mm 不燃番号 NM-8697)両面貼り複合板
内壁 同上表し
天井 同上表し
めっき縞鋼(t=3.2mm) 溜桝に向かって1/100勾配
建具 スチール製ドア(ドアクローザ、シリンダー錠付)
平成12年建設省告示第1369号に定める特定防火設備
電気設備 防爆形直管LED照明器具
スチール製スイッチボックス・スチール製ブレーカーボックス(20A漏電ブレーカー付)
換気設備 ガラリ(FDS,SUS引火防止網付)
ダクトφ150 FD有 耐圧防爆形中間ダクトファン(FULL装備)
標準基礎 あと施工アンカー固定が出来る床(コンクリートなど)
消防設備 消火器・消火器ボックス・標識(3枚セット)取付け含む
溜桝 鋼製溜桝(H200×370×370)
その他の設備 建具 スチール製ドアに変更可能
オプション 踏み段(めっき鋼材)
その他の部品 外装材用ビスは全てSUS製
オプション
or
変更可能
個別換気、集中換気 対応可能
屋内型は組立式ですが、搬入、設置が可能と判断できましたら、完成品も対応可能です。
2坪以下のサイズ等、変更可能(2坪以上の場合はご相談ください)
  • 図面1
  • 図面2
  • 図面3
  • 図面1
  • 図面2
  • 図面3

危険物庫の部位の写真を掲載しています。図面から読み取れない各種仕様をご確認ください。

溜桝へ向かって1/100勾配

設備写真

SUS製溜枡
(H200×370×370)

設備写真

特定防火設備(ドアタイプ)

設備写真

ブレーカーBOX内部
(100V20A)

設備写真

FD付き鋼製ガラリ
(SUS引火防止網40メッシュ)

設備写真

防火ダンパー

設備写真

危険物庫内の照明設備

設備写真

排気ダクト接続部
(150φ、立ち上げ50㎜)

設備写真

アンカー固定用L型金具

設備写真

ボルトを1本も使用しない完全ボルトレス構造の鋼製棚です。

鋼製棚(段替えピッチは30㎜間隔です)

スチール棚の画像1

地震対策(本体と鋼製棚の固定)

スチール棚の画像2

地震対策(床固定専用ベースを用いて、床材へ溶接した全ネジボルトに固定)

スチール棚の画像3

地震対策(回転式の落下防止デバイザー)

スチール棚の画像4
スチール棚の画像4-2