HOME > 危険物庫「鐘馗(しょうき)くん」の特長

危険物庫「鐘馗(しょうき)くん」の特長

弊社製品「鐘馗(しょうき)くん」とは

由来

鐘馗(しょうき)とは、主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神。
日本では、江戸時代(19世紀)頃から関東で端午の節句に鐘馗しょうきの絵や人形を奉納したり、近畿で魔除けとして鐘馗しょうき像を屋根に置く風習がみられるようになった。
そこで、消防が険物庫」のことを「しょうき」と呼ぶことにあやかり、弊社の商品を「鐘馗しょうきくん」と命名いたしました。

「鐘馗(しょうき)くん」が選ばれる理由

サビに強く長寿命

皆様の安心安全を守る「鐘馗くん」。危険物を貯蔵・管理する上で、少量危険物庫・危険物貯蔵庫の定期的なメンテナンスが少なくて済むよう、サビに強い素材を使用しています。
金属造のもの、工場用・倉庫用のもの(一般用)、骨格材の肉厚が3㎜を超え、4㎜以下のものに該当し《耐用年数24年》となります。

  • ① 鉄骨は高耐食メッキを使用
  • ② ボルト、プレート類は溶融亜鉛メッキ
  • ③ ベンチレーター、フード、ビスはステンレス
業界初!「壁・柱・床 一時間耐火」の実現
業界初となる、消防法による「壁・柱・床 一時間耐火」を実現しました。
業界初!床がコンクリート製の危険物庫の実現

従来の少量危険物庫・危険物貯蔵庫は床が鉄板製のものが多く、庫内で火花が発生する原因となること、サビが発生すること、危険物を入れた容器が滑りやすい事等が懸念されていました。しかし、「鐘馗くん」は床がコンクリートで出来ており、庫内で火花が起きず、鉄板に比べ容器も滑りにくい構造になっています。

災害に強い

「鐘馗くん」は床がコンクリートで出来ており、大変重いので(1t以上、最大5.2t以下)、災害等が起きた場合でも転倒しにくく、二次災害を未然に防ぎます。
(設置する際はアンカーにより地面と一体化させます。)

ユニット式なので設置・移設が短時間で容易
ユニット式なので、設置・移設が簡単です。
納品・設置作業も半日程度で完了※1します。
また、弊社オリジナルのコンクリート板を使用する事により、基礎工事が不要※2です。
※1 条件により異なります。(詳細につきましては、ご相談ください。)
※2 条件により異なります。「鐘馗くん」は10平米未満の為、通常は確認申請は不要
   ですが、準防火地域の場合必要となります。(詳細につきましては、ご相談ください。)
日本全国1,300棟以上の実績(平成30年1月時点)

法令遵守に基づいて設計・製作されている少量危険物庫・危険物貯蔵庫ですので、消防への申請に伴う許可の受理が容易です。設立以来15年、お客様のニーズ・時代のニーズを満たす商品を生み出すために徹底した品質管理・商品開発に励んで参りました。「鐘馗くん」に誇りを持ち、お客様に「鐘馗くん」を信頼して頂いたからこそ、全国1,300棟以上という確かな実績が積み重なったのだと考えます。